ドリルを使わない安心・安全なインプラント

安心、安全なインプラントこれまでのインプラント手術では、顎の骨にドリルで穴を開けてインプラント体を埋め込むというものでした。この方法では、埋入する骨が細かったり骨密度が低かったりする場合は手術が難しいケースもありました。

一方ドリルを使わないインプラント手術は、オーギュメーターという器具を使い、骨を移植せずに小さな穴を少しずつ拡げてインプラント体を埋める穴を作ります。小さな穴であれば、骨の幅が1.5mmしかない患者さまでもインプラントを埋入することが可能となります。ドリルを使用しないので、不快な振動や骨を削る音で不安になることがありません(とはいえ、仕上げの段階では少しドリルを使用します)。手術部位も小さいため、術後の治りも早いのがメリットです。

ドリルを使用しないインプラント手術の手順
<ステップ1>0.5mmの小さなラウンドバーで皮質骨に穴を開けます。

<ステップ2>細いリーマー(針灸治療の針のようなもの)で小さな穴を作ります。手動なので不快な音がなく、神経を傷めることなく安全に穴を開けられます。

<ステップ3>オーギュメーターという装置を使って細い穴をゆっくり、徐々に拡げていきます。ドリルで削らないので、骨が薄くなったり欠けてしまったりするリスクがありません。

<ステップ4>十分な太さになったらインプラント体を埋入します。

<ステップ5>骨とインプラント体が結合したら、レジン冠もしくはセラミック製の歯冠をインプラント体に被せて終了です。

カウンセリングを行っています

ご予約・お問い合わせ