痛みの少ないレーザー治療について

レーザー治療レーザー治療とは、赤外線の熱エネルギーを使って感染している部位を蒸散させ、除去する治療法です。歯科医療現場では虫歯の治療・予防から歯周病・知覚過敏の治療に用いられ、痛みが少なく治りが早いのが特徴です。

また、レーザーの光は特定の物質にしか反応しない性質を持っているため、虫歯菌に感染した悪い部分だけを取り除いて、健全な部分を残す治療ができます。

<レーザー治療の長所>
・「キィ-ン」「ガリガリ」という嫌な音がしない
・悪い部分だけを正確に除去し、健康な歯を痛めない
・熱の発生が微少のため、治療の痛みがほとんどない
・殺菌消毒に高い効果がある
・予防効果が高まる

<どんな場合に有効か>
・お子さまや、歯科治療に恐怖感をお持ちの方の治療に最適
・知覚過敏や口内炎の治療など、歯肉を切除しなければならない場合も、痛みや出血がほとんどなく治療できる
・歯石の除去もできるため、歯周病治療にも有効

カウンセリングを行っています

ご予約・お問い合わせ