歯ぎしり

歯ぎしり

朝起きたとき、顎の疲れ、首や肩のハリを感じたことはありませんか?実は、歯ぎしりは100%誰もがしているものなのです。最近の研究では、睡眠時、誰でも歯ぎしりをしていることが明らかになっています。

歯ぎしりと言えば、ギリギリと音を立てるものだと思われがちですが、実は、音がしないタイプの歯ぎしりをする人が多いのです。そして、すべての人が下記のいずれかのタイプの歯ぎしりをしていることがわかっています。また、歯ぎしりは、日常生活を送る上で必要な行為であると考えられています。

<歯ぎしりの3つのタイプ>
歯ぎしり
クレンチング
歯ぎしり
グライディング
歯ぎしり
タッピング
歯を食いしばるタイプ 歯を横にギリギリさせるタイプ カチカチかみ合わせるタイプ

このうち、音が出るのはグライディングとタッピングだと言われます。ただし最も多いのは、音が出ない歯ぎしりなのです。

なぜ、歯ぎしりをしているのか歯ぎしり
日常生活を送っていると、誰もが大なり小なりストレスを受け、溜め込んでいきます。そのストレスを発散し、解消するために、眠っているときに歯ぎしりをしているのです。歯ぎしりをすることで、血液中のストレス物質であるアミロイドβがなくなることがわかっています。

歯ぎしりは自然的・生理的な現象なので、止めることはできません。歯ぎしりは必要不可欠なストレス解消行動で、必ずしも悪いものだとは言えません。ただしそれは「正しい歯並び」と「正しいかみ合わせ」でしている場合に限られます。

目覚めたときに顎がだるい・疲労が残っていると感じる場合は要注意
正しい歯並び・かみ合わせならば、歯や歯ぐき・顎やその周辺の筋肉に負担がかからないため、自然な目覚めをします。しかし、朝起きたときに「顎がだるい・疲れが取れない」と感じる場合は、かみ合わせが悪いために歯ぎしりで顎や筋肉に負担がかかっていると考えられます。

悪いかみ合わせが引き起こす症状

悪いかみ合わせ歯並びが悪い状態でかみ合わせると、下顎の骨がゆがんだ状態となります。その下顎の骨がゆがんだまま歯ぎしりをすると、歯や歯周、顎の筋肉、顎関節、心身にさまざまな悪影響が現れてきます。

歯並びが悪くなる
悪い歯並びでかみ合わせることで余計な負担がかかり、歯がすり減ったり、虫歯になったり、また知覚過敏になったりします。

歯周病になりやすくなる
歯並びが悪いと汚れが取りにくいので、歯周病菌が溜まって歯肉の炎症を起こし、歯周病になるリスクが高くなります。歯周病になると、歯周病菌が血液中に流れ出し、心臓や脳の動脈硬化、糖尿病、誤嚥性肺炎にかかりやすくなることがわかっています。

筋肉や顎関節に負担がかかり、さまざまな症状が現れる
●首・肩のコリ、腰痛、ひざの痛み悪いかみ合わせ
かみ合わせが悪い状態で歯ぎしりをすると、首や肩の筋肉に余計な負担がかかります。そのため、首や肩のコリが生じます。また、一見して歯と腰は離れている場所に見えますが、実はこの2つは関連しています。悪いかみ合わせで下顎がゆがんで噛むと、そのゆがみが頸椎・胸椎・腰椎へと負担が波及するのです。その負担が大きくなると、腰痛となって現れます。

●頭痛・偏頭痛
かみ合わせが悪いまま歯ぎしりをしたり食いしばりをしたりすると、顎・頭の筋肉が過剰に緊張してしまい、頭痛や片頭痛を起こすことがあります。

●顎関節症
かみ合わせの異常によって下顎の骨を支えている関節に負担がかかると、顎の関節の動きにも影響が出てきます。顎が鳴る、顎が痛む、口を大きく開けられない、これらが顎関節症の3大症状と言われています。

いびき・睡眠時無呼吸症候群になりやすくなる
歯並びに問題がある場合は、奥歯が内側に倒れている傾向が多く見受けられます。その場合、舌の可動範囲が狭くなって正しい位置に落ち着かないため、必要以上に口が開き、口呼吸になりやすくなります。結果として、それがいびきや睡眠時無呼吸症候群の原因となってしまうことがあります。

●精神的な影響
歯ぎしりはストレスが原因で生じる生理現象ですが、うつ病や認知症はストレスが大きな原因となっていることがわかっています。悪いかみ合わせで歯ぎしりをしていると、うつ病・認知症の発症やその他の精神症状も悪化させるリスクが高くなります。同様に、強いストレスを抱え込んでいる人の場合、悪いかみ合わせで歯ぎしりしていると、自律神経失調症や心身症を起こしたりすることがあります。また、睡眠障害との関連があるとも言われています。

当院での治療について

当院では、頭蓋・下顎システム検査、CT診断、矯正歯科治療、インプラント治療、審美治療、歯周形成外科などを駆使して、きれいで正しいかみ合わせをつくることに積極的に取り組んでおります。

カウンセリングを行っています

ご予約・お問い合わせ