見た目の改善だけが審美歯科の目的ではありません

審美歯科

「審美歯科」とは、歯の白さや歯並びといった美しさに比重をおいた歯科医療です。最近では気軽に白い歯を手に入れられると誤解され「歯の美容整形」とも言われたことがあるようです。しかし、本当の「審美歯科」とは、「見た目」と「機能」を良くするという意味。見た目だけでなく、機能=かみ合わせを考えた治療が必要なのです。

また審美歯科のポイントは、白い歯そのものではなく歯ぐきにある、と私たちは考えています。たとえば、どんなに透明感のある歯を入れても、歯ぐきがきれいでなければ口元が美しく見えないのです。

かみ合わせを考えた審美歯科

審美歯科当クリニックでは「美しく健康な歯や歯肉をつくること」を目的に、歯を白くする、金や銀の詰め物を目立たないものに替えるなど、総合的な歯の美しさを目指します。

口元の美しさが加わることにより、お顔の印象が変わります。また、軽度の歯列不正・隙間も改善することができます。当クリニックでは、自然で美しい見た目ばかりでなく、かみ合わせなどの機能性も重視したものを審美歯科治療と考えています。
 

美しい透明感のある被せ物(オールセラミックス)

オールセラミックス自然な色合いと透明感があり、変色しないので審美的にも優れています。金属を一切使わないため、歯ぐきが黒ずむことがありません。金属アレルギーがある人にも安全です。

強度に優れた被せ物(メタルボンド)

メタルボンド金属の上にセラミックを焼き付けたものです。強度に優れ、変色しにくいというメリットがあります。そのため、前歯ばかりでなく奥歯にも使用することができます。

銀の詰め物が気になる方へ(セラミックインレー)

セラミックインレー「奥歯に詰めた銀歯が気になる」「銀歯が気になって口を大きく開けられない」というお悩みから開放されます。金属を一切使わずセラミックだけで作るので、天然歯と同じように自然で美しく仕上がります。

貼り付ける白い歯(ラミネートベニア)

ラミネートベニア歯の表面をオールセラミックスでコーティングするもので、ホワイトニングでは白くならない歯を白くしたり、歯の形や歯並びを変えたり、歯の隙間をなくしたりするときに使用します。
 

ホワイトニングで輝く笑顔に

輝く笑顔ホワイトニングは審美歯科の施術の一環です。歯を削ることなく、コーヒー・紅茶・赤ワインの色素、たばこのヤニなどの色素沈着、黄ばみの強い歯を薬剤で白くすることができます。ホワイトニングで、白い歯がまぶしい「ホワイトスマイル」を手に入れることができます。

ホワイトニングの種類
●ホームホワイトニング
歯科医師の指導を経て、ご自宅で行う方法です。2~3週間、ご自宅で低濃度の薬剤を塗布したマウストレイを装着することで、やさしく徐々に歯を白くすることができます。

●オフィスホワイトニング
歯科医院で行う方法です。高濃度の薬剤を歯に塗布してライトを照射することで、短時間で歯を白くできます。

カウンセリングを行っています

ご予約・お問い合わせ