その首こり・肩こり・偏頭痛、顎関節症が原因かも?

顎関節症

「大きく口を開けると耳の前で雑音がする」「顎の関節部に痛みがある」といった方はいませんか?もしかすると【顎関節症】の疑いがあります。

知っていますか?顎関節症

顎関節症治療001顎関節とは、頭蓋の側頭骨と下顎の骨(下顎骨)をつないでいる関節で、両耳のすぐ前にあります。両耳の前に指を当てて口を動かしてみてください。口を上下に開けるだけでなく、左右に動かすことができるのがわかると思います。

この顎関節は、下顎頭(かがくとう)と下顎窩(かがくか)、関節円板(かんせつえんばん)で形成されています。関節円板は下顎頭にぶらさがっているような状態で、顎が動くときに骨と骨がこすれないよう、クッションの役割をしています。この関節円板が正常に働くことで、顎関節がなめらかに動くのです。

関節円板にズレや変形が起こると、顎関節症が起こります。顎関節症は、不正咬合、歯ぎしり、ストレスなどを原因とする顎の病気です。大きく口を開けると耳の前で雑音がする、関節部に痛みがあるなどの軽症から、日常生活さえままならないほどの重症までさまざまです。

炎症には急性と慢性があります。急性の痛みの場合、「痛み」自体が自然に治ることはありますが、本来の顎関節症が改善されているわけではありません。顎の異常のほかにも肩こりや頭痛、不眠、目の疲れなどを引き起こすことがあり、その原因が顎関節症であるということに気がつかない場合が多いようです。

顎関節症

顎関節症の検査と治療方法

顎関節症治療002顎関節症になる大きな原因の1つがかみ合わせです。「かみ合わせ」というと奥歯のかみ合わせが悪い状態と思われがちですが、少し大げさに言ってしまえば、1本でもずれているとすべての歯がずれている状態です。ですから、すべての歯が正しい位置にあり、正しく噛めているかを検査する必要があります。

検査方法
顎のゆがみやお口の中の状態を細かくチェックし、レントゲン検査や顎運動コンピュータで機能解析検査を行い、歯の模型を製作します。その後、歯の模型を咬合機(かみ合わせの状態を検査)につけ、同時に検査をします。

治療例
顎関節症はさまざまな原因が考えられるため、その治療法も状態によって異なります。診断をもとに患者さまにとってベストな治療法をご提案いたします。

●補綴(ほてつ)治療
歯が抜けたままだったり歯が欠けていたりする状態で顎関節症やかみ合わせがズレている場合はインプラントや入れ歯などの治療を行います。

●矯正歯科治療
歯並びの異常や不正咬合などで顎関節症やかみ合わせが悪い場合は、矯正治療を行います。

●その他
治療途中でそのままになっている歯や合わなくなった入れ歯、すり減った詰め物や被せ物がある場合は、それらを治療してかみ合わせを正しくし、顎関節症を改善していきます。

あなたは大丈夫?顎関節症チェックシート

□ 片方ばかりで噛む癖がある
□ 口が大きく開かない
□ 口を開けるとき、顎関節の音が鳴る
□ 口を開けるときに痛みがある
□ 口を開けるとき、正面から見て下顎がズレている、下顎がまっすぐに開かない
□ かみ合わせが悪く、しっかり噛めない
□ 歯がすり減ってきた
□ 顎やその周りの筋肉が痛い
□ 肩こりや偏頭痛がよく起きる
□ 歯ぎしりをする
□ 頭がスッキリしないことがよくある

0:正しく噛めている状態です
1~5:顎関節症の検査を受けましょう。
6~10:顎関節症です。早急に治療しましょう。

カウンセリングを行っています

ご予約・お問い合わせ