総合的な治療(全顎治療)の症例

治療例01<ステップ1>
この患者さまのご要望は、下の奥歯にインプラントを埋入したいとのことでした。しかし土台となる顎の骨が少ないので、他院では断られてしまったそうです。

治療例01<ステップ2>
残せない歯を抜いて治療義歯を入れました。この段階では下の2本は自分の歯ですが、ほかはすべて保存不可能だったため抜歯。増骨手術を行い、治療用の入れ歯でかみ合わせを調整していきました。

治療例01<ステップ3>
正しい歯の位置を治療用義歯で確認し、インプラントを最適な位置に埋入しました。その後、インプラントの上に仮歯を製作していきます。

治療例01<ステップ4>
インプラントの仮歯でもう一度かみ合わせを調整・構築。このとき、患者さまに歯並びやかみ合わせ・噛み心地、お顔やお口の形についてもお伺いしました。この方はお口のしわを気にしていたので、あえて少し歯に厚みをつけて、シワが出ないように調整しました。同時に、治療前にあった首・肩こりなどの諸症状の改善も確認しています。

治療例01<ステップ5>
インプラントの仮歯でかみ合わせが正しいことを確認したのち、最終的なセラミックの歯を作っていきます。奥歯、前歯の順で仕上げていきます。

治療例01<ステップ6>
人間本来の自然なかみ合わせが、総合的な治療によって完成しました。このように、当クリニックではいくつもの工程を経て、自然できれいな歯と正しいかみ合わせを構築していきます。

カウンセリングを行っています

ご予約・お問い合わせ