歯ぎしり、食いしばりの治療について

歯ぎしり、食いしばりの治療実は、誰でも毎晩歯ぎしりを繰り返していることが最近の研究でわかっています。

歯ぎしり・食いしばりはストレスを解消する生理的・自然的な行為なので、止めることはできません。しかしながら、自然なかみ合わせの歯ぎしりなら、顎や筋肉には負担がかかりません。「歯ぎしりで顎がだるい」などの症状が現れる場合、根本的なかみ合わせ治療が必要です。

ちなみに、歯ぎしりには3つの種類があります。歯の食いしばりである「クレンチング」、横にグリグリこする「グライディング」、カチカチとかみ合わせる「タッピング」です。中でも音が出るのはクレンチングとグライディングだと言われています。しかし、普段多く発生しているのは「音のしない歯ぎしり」です。

カウンセリングを行っています

ご予約・お問い合わせ