あなたの顎は大丈夫?かみ合わせとカラダの関係

かみ合わせの重要性と治療

「かみ合わせ」というとすぐに思い浮かぶのが、正しく食事ができるか・できないかです。しかしそれ以外にもさまざまな影響を及ぼすことをご存知ですか?

かみ合わせの悪さは、全身への負担につながります

かみ合わせの重要性と治療002「いつも肩のコリがひどい」「全身がなんとなくだるい」といった症状を抱えている方はいませんか?もしかするとそれらの症状は、かみ合わせが原因かもしれません。

かみ合わせが悪いと、顎にかかっていた負担が顎を動かす筋肉や関節にまで広がります。その結果、顎関節から上は側頭部(偏頭痛)、首から肩、そして背中、さらに腰までと体全体に負担がかかるようになります。

長い間、顎や体全体に負担がかかることで体全体がゆがみ、体の軸がズレた状態になったり、骨盤にズレが生じたりする場合があります。また、立っているときにいつも片方の足に重心がかかっている、片足で立つとフラフラする、という人は、かみ合わせがズレている可能性があります。

<かみ合わせと関係している主な症状例>
偏頭痛、頭痛、目の疲れ、顎関節症、耳鳴り、いびき、首の痛み、首筋のこり、肩こり、腰痛、背中の痛み、ヘルニア、自律神経失調症、不定愁訴など。また、しっかり噛むことができないため、胃腸障害を起こす場合があります。

知っていますか?正しいかみ合わせ

正しいかみ合わせ<自然なかみ合わせとは?>
・正しい歯並びと、正しい上下歯の接触関係になっている
・前歯で噛み切るとき、奥歯が強く当たらない
・奥歯で噛むとき、前歯が強く当たらない
・正しい位置に顎がある

顎関節や咀嚼筋(そしゃくきん)に負担を与えない正しいかみ合わせになることで、次のような効果があります。

<正しいかみ合わせの効果>
・脳内の血行が良くなり、頭がよく働く
・記憶力が増し、知能が発達する
・アルツハイマーの予防になる
・体の免疫力、抵抗力が強くなる
・ホルモンのバランスが良くなり、美容や健康が増進する

以上のことが、動物実験や臨床データで証明されています。

<こんな症状に心当たりはありませんか?>
・大きく口を開けると、耳の前で「カクッ」「ジャリジャリ」と音が鳴ったり痛みが走ったりする
・正面から鏡で見ると、左右どちらかがゆがんでいる
・口を開けるとき、鏡で見ると下の歯・下顎が左右どちらかにゆがんで開く
・まっすぐに口が開かない
・かみ合わせが悪く、しっかり噛めない
・顎や周りの筋肉が痛い
・肩こりや偏頭痛がよく起きる
・歯ぎしりをよくする

<結果として以下のような症状が起きます>
・左右どちらかの歯がすり減る

歯並びが悪かったり詰め物・被せ物の高さが合っていなかったりすると歯ぎしりが起こることがありますが、仕事や人間関係などストレスによっても起こることがあります。実験や研究によっても、歯ぎしりがストレスを和らげる効果があることがわかっていますが、過度の歯ぎしりは歯を傷める原因となります。

1つでも思い当たる方は、一度ご相談ください。正しいかみ合わせづくりに積極的に取り組む私たちが力になります。

お口全体を総合的に治す【かみ合わせを考えた総合的な治療】

当クリニックでは、歯科治療において最も重要なかみ合わせを精密に検査、診断します。正しく噛むことができているかを科学的にチェックし、インプラント治療、審美歯科治療、矯正治療を含めた総合的な治療を行います。

かみ合わせの重要性と治療003●模型診査
歯の型を取り、三次元的にどのように歯が並んでいるかを診断します。模型にすることで患者さまご自身も、自分の歯並びを目で確認することができます。

かみ合わせの重要性と治療003●レントゲン撮影(キャディアス)
レントゲン撮影を行い、虫歯や歯周病はもちろん、頭部やかみ合わせのバランスなども検査します。

アキシオグラフ●アキシオグラフ検査
頭に装置を取り付け、顎の動きを細かく分析します。顎関節の運動の軌跡がパソコン画面上に画像で出力され、線の動きで異常を発見することができます。

その後、患者さまの状況に合わせてインプラント治療・審美歯科治療・矯正治療を行っていきます。さまざまな治療を組み合わせながら、正しい噛み合せづくりを行っていきます。

※インプラント治療の際、まず仮歯を製作し、微調整を行った上で埋入します。その結果、違和感ができるだけ少なくなります。

治療の流れ

治療の流れ

総合的な治療(全顎治療)の症例

治療例01<ステップ1>
この患者さまのご要望は、下の奥歯にインプラントを埋入したいとのことでした。しかし土台となる顎の骨が少ないので、他院では断られてしまったそうです。

治療例01<ステップ2>
残せない歯を抜いて治療義歯を入れました。この段階では下の2本は自分の歯ですが、ほかはすべて保存不可能だったため抜歯。増骨手術を行い、治療用の入れ歯でかみ合わせを調整していきました。

治療例01<ステップ3>
正しい歯の位置を治療用義歯で確認し、インプラントを最適な位置に埋入しました。その後、インプラントの上に仮歯を製作していきます。

治療例01<ステップ4>
インプラントの仮歯でもう一度かみ合わせを調整・構築。このとき、患者さまに歯並びやかみ合わせ・噛み心地、お顔やお口の形についてもお伺いしました。この方はお口のしわを気にしていたので、あえて少し歯に厚みをつけて、シワが出ないように調整しました。同時に、治療前にあった首・肩こりなどの諸症状の改善も確認しています。

治療例01<ステップ5>
インプラントの仮歯でかみ合わせが正しいことを確認したのち、最終的なセラミックの歯を作っていきます。奥歯、前歯の順で仕上げていきます。

治療例01<ステップ6>
人間本来の自然なかみ合わせが、総合的な治療によって完成しました。このように、当クリニックではいくつもの工程を経て、自然できれいな歯と正しいかみ合わせを構築していきます。

カウンセリングを行っています

ご予約・お問い合わせ