肩こりや頭痛とかみ合わせの関係は?

かみ合わせの疑問

不自然なかみ合わせを放置しておくと、顎の周りや肩、首にかけての筋肉が緊張してきます。緊張により筋肉の血行が悪くなり、肩こりや頭痛などになって症状が現れます。

当院では、矯正歯科治療、インプラント治療などを駆使し、正しいかみ合わせづくりに積極的に取り組んでおります。

かみ合わせの悪さが体に与える影響は?

かみ合わせ顎の周りの筋肉に関連して偏頭痛が続いたり、首こり・肩こりにみまわれたり、姿勢の悪さを引き起こしたしります。

また最近の研究では、脳の機能ともつながっていると言われ、悪いかみ合わせは認知症の原因にもなることがわかってきました。

かみ合わせの認定医って何ですか?

かみ合わせの認定医日本顎咬会学会の認定医試験にクリアした歯科医師のことです。とはいえ、認定医はあくまでも資格にしかすぎません。認定医だからといって、すべての医師が同じレベルであるとは限らないのです。

歯科医師のレベルを見極めるポイントとしては「治療の際、マウスピースは使用しない」「歯科医自身が正しい歯並びであるか?」「根本的な改善ができるか?」といったチェック項目が挙げられます。

歯ぎしり、食いしばりの治療について

歯ぎしり、食いしばりの治療実は、誰でも毎晩歯ぎしりを繰り返していることが最近の研究でわかっています。

歯ぎしり・食いしばりはストレスを解消する生理的・自然的な行為なので、止めることはできません。しかしながら、自然なかみ合わせの歯ぎしりなら、顎や筋肉には負担がかかりません。「歯ぎしりで顎がだるい」などの症状が現れる場合、根本的なかみ合わせ治療が必要です。

ちなみに、歯ぎしりには3つの種類があります。歯の食いしばりである「クレンチング」、横にグリグリこする「グライディング」、カチカチとかみ合わせる「タッピング」です。中でも音が出るのはクレンチングとグライディングだと言われています。しかし、普段多く発生しているのは「音のしない歯ぎしり」です。

顎関節症の症状と治療方法を教えてほしい

顎関節症の主な症状としては、

1. 筋肉の圧痛(圧迫することで生じる痛み)
慢性なので、基本痛くありません

2. 顎が鳴る
顎関節の「関節円盤」というクッション状のじん帯がずれています。
そのまま放置すれば、じん帯が切れて口が開かなくなることがあります。

3. 急性の痛み
放っておけば痛み自体は消えますが、決して治ったわけではありません。

4. 顎の突端が変形を起こす
顎の関節の軸(下顎頭)が溶けている状態です。

痛みがある場合、薬物療法で治療を行います。ひどい場合は応急的な処置(マウスピース)などで痛みを軽減します。その後、歯科治療を行い、自然なかみ合わせに誘導することが重要です。ちなみに当院では、マウスピースの長期使用は顎に負担がかかるためお勧めしておりません。

顎関節症02

顔のゆがみが気になるのですが

顔のゆがみかみ合わせを治療することで、顔のゆがみは改善されていきます。しかし、歯を並べることだけを目的とした矯正では、歯並びは改善できても顎のズレまでは改善できません。一般的な矯正では顔のゆがみを治すことは困難なのです。これに関しては、かみ合わせを十分に考慮した歯科医師を選ぶ必要があるでしょう。

顔のゆがみは、左右の歯の高さが違うことが原因です。よく噛めないと、下顎の骨が低いほうにズレていきます。この現象は「旋回」と言われ、顎が「ひねり」ながら傾いていきます。

カウンセリングを行っています

ご予約・お問い合わせ